只今準備中ですので、再開までしばらくお待ちくださいませ。

国内で留学気分が味わえる、英語合宿ができる宿

コロナ禍によって海外旅行、海外留学に行けない、ワーキングホリデーに行けない、今までありえなかったそんな稀代の期間を経て、外国人と英語を話すという機会を探すことがいかに大変か思い知らされました。

もちろん、英会話学校に通ったりすることで、英語を話す機会を得ることはできますが、日々の生活と直結したなかでの自然な『英会話』を身に着けたり、一定期間英語漬けというわけにはいきません。

『国内留学』、『英語合宿』、『英語漬け滞在』を体験してみませんか? こんな方に最適

海外に語学留学やワーホリに行くほどの資金がない
海外へワーホリ、留学、出張に行く予定にしているけど、まだ語学に自信がないので、まずは下準備として国内で英語漬けの留学生活を経験しておきたい!
自分の家の近くには英会話スクールがないので、まとまった時間・期間を英語の勉強に費やすことができない!
今まで覚えた英語力を維持するために外国人と英語で会話をしてみたい。
英会話学校やオンラインの英会話にレッスン代を1時間ごとに支払ってるけど、長期間になってくると費用対効果がなくなってるのでは?
オンライン英会話では『生活に密接したリアルな会話』が生まれないな~。いつも同じ先生だと会話のネタもつきるし・・。!
そこそこ会話はできるんだけど、もっと外国人との友達の輪を広げて会話する機会を広げたいな~

外国人が滞在するゲストハウスやホステルで留学気分を味わう?!

 

英語を話す外国人がいるゲストハウスに滞在する

まずは、外国人が滞在する宿(主にゲストハウス、ホステル、外国人オーナーが運営する民泊)を見つけなければいけませんが、LANGUAGE INNではそんな国際的な宿を厳選して掲載していく予定です。(現時点では大阪のみ)

普段はホテルにしか泊まらない方にとっては、ゲストハウス、ホステル、民泊での宿泊は勇気がいるかもしれませんね。でも、海外に留学することと比較してみれば、なんてことないって思えませんか?

外国人が多く住むシェアハウスという選択肢もあるかと思いますが、シェアハウスはやはり賃貸契約を結ぶ『住まい』です。最低1~3ヶ月の滞在が必須でしょうし、保証金など初期費用がかさみますね。また、シェアハウスに住んでる外国人は、日本語ができる外国人も多いので、日本語での会話に甘えてしまいがちです。

一方で、ホテルや旅館と違うゲストハウス、ホステルなら、日本に観光できた世界中からの旅行者で日本語ができない外国人がほとんど。そして、そんな彼らと共用のキッチンで自炊したり、共用のリビングでくつろげるので、そこで会話が生まれます。

 

英語を話す外国人がいるゲストハウスに滞在する

そもそも、英語を話すということは、人とコミュニケーションをとる為ですよね? TOEICで高い点をとるとか、英検に受かることも大事ですが、それはレベルを上げる過程を基準化したに過ぎません。本来の目的(ゴール)は、生活しながら何気ない会話が文法など気にせず「さっと」と口からでてくることです。

「ちょっとごめん、それとって」
「ドアちゃんと閉めてよ」
「今晩、ご飯なにする~?」
ご家庭で暮らしていて、何気なく使ってるこれらの会話を英語に訳せるかどうかではなく、実際使ってみることが大事です。しかも話す相手はやはり外国人でなければ実地体験とは言えません。

これまで学校の英語教育で習ってきた「習う」英語ではなく、子供が自然に会話ができるようになる感覚で「身につく」会話力は、実際の行動とともに言葉を聞いたり、言葉を発することが大事だと思います。

生活に密着するリアルなシーンで英語を使う

いつでもどこでも頭(右脳)で考えることなく、口から英語がでてくるようになるには、何度も言葉を発する(アウトプット)こと、何度も言葉を聞く(インプット)ことが大事です。

留学で英語を身につけることができた人は、やはり一定のまとまった期間 集中的にアウトプットとインプットを繰り返すこと、そしてそのアウトプットとインプットをする際に、実際の「行為」が伴っているからです。

言葉と行為をセットで行うことで、口と脳がつながり「身体」が覚えるのです。

都合がつく限りできるだけ長期的に滞在し、このアウトプットとインプット作業を繰り返してみましょう。

 

英会話レッスンや英語の授業があるわけではない

受動的に決められたレッスンや授業などカリキュラムがあるわけではありません。英語が話せるようになる為の手法として否定するわけではありませんが、LANGUAGE INNでは、堅苦しいレッスンや授業というものを提供いたしません。

 

外国人に積極的に話しかける

ただ、普通に宿に宿泊することと何ら変わりなく、宿泊の予約を取っていただきます。何かしら英語習得プログラムへの参加を申し込むでもなく、授業やレッスンの予約をする必要もありません。宿泊予約をとっていただき(長ければ長いほど外国人と会って話す機会は増えますね)、共用のリビングやキッチンなど宿の中にいる外国人と自分から積極的に話しかけてもらえれば、結構です。
LAGUAGE INN には、恒常的に外国人ゲスト、または外国人住込みスタッフ(主にワーキングホリデービザで日本に滞在)が滞在しています。

 

外国人と話すきっかけをつくります

ワーキングホリデーや留学に行く前段階で、まだ自分から積極的に話かけることができない人にとっては、何かしら「共通の話題」や「一緒に取り組む何か」がないと、英語を話す「きっかけ」がつくれないかと思います。

LANGUAGE INN では、そんな方に対しては、宿にいる外国人スタッフと英語が話せる「キッカケ」づくりをいたします。(時間と場所を設定し、別途料金)